受診
予約
鼠径ヘルニア
虫垂炎
日帰り手術
アクセス
鼠径ヘルニアの疑問に答える院長コラム

鼠径ヘルニアの腹腔鏡手術とは?

鼠径ヘルニア(脱腸)の腹腔鏡手術とは?

鼠径ヘルニア(脱腸)の腹腔鏡手術とは、腹腔鏡を使って、ヘルニアの穴をメッシュで塞ぐ手術方法です。

国際的なガイドライン・日本のガイドラインのいずれも、鼠径ヘルニアに対する治療法として腹腔鏡手術を推奨しており、TAPP法とTEP法は同等としています。

鼠径ヘルニアの腹腔鏡手術の特徴

  • 利点:傷が小さい、痛みが軽い、回復が早い、早期社会復帰できる、同じ傷で両側手術できる
  • 欠点:高額な機器を揃える必要がある

鼠径ヘルニア(脱腸)の腹腔鏡手術の種類は?

ヘルニア門(穴)への到達方法によって、2種類の手術方法があり、どちらも穴の裏面にメッシュを敷きます。

  • TAPP法(タップ法): 腹腔内(お腹の中)から穴を直接観察して塞ぐ方法
  • TEP法(テップ法): 腹膜を切らないため、縫合する必要がない方法

関連記事

PAGE TOP