受診
予約
鼠径ヘルニア
虫垂炎
日帰り手術
アクセス
虫垂炎の疑問に答える院長コラム

虫垂炎の初期症状とは?

虫垂炎(盲腸)の初期症状とは?

虫垂炎(盲腸)の典型的な初期症状は、みぞおち(心窩部)から臍(へそ)周囲の痛み→悪心(吐き気)・嘔吐→右下腹部に痛みが移動→37度の微熱の順番に出現します。
症状が出現する順番が診断に重要で、この順番通りの場合は虫垂炎の可能性が高くなります。
歩いた時にお腹に痛みが響く時は、悪化して腹膜炎を起こしている可能性が高いので、すぐに救急病院に受診してください。
発症からの期間が2日以上経過、38℃以上の発熱、お腹全体が痛む時は、虫垂が穿孔していたり、膿瘍形成していることが疑われます。​

虫垂炎(盲腸)を放置する危険性は?

虫垂炎は急激に悪化する可能性があります。
疑いがある時は、すぐに救急病院に受診することをお勧めします。

関連記事

PAGE TOP