受診
予約
鼠径ヘルニア
虫垂炎
当院について
アクセス
鼠径ヘルニアの院長コラム

鼠径ヘルニアの手術費用を日帰りと入院で比較すると?

鼠径ヘルニアの手術費用はいくらでしょうか?
手術を受けた時にどのくらい手術費用がかかるのか、気になると思います。
ヘルニア外科医の松下が、鼠径ヘルニアの手術費用についてわかりやすく解説します。

鼠径ヘルニア(脱腸)の日帰り手術費用はいくらですか?

当院では、保険診療で腹腔鏡による鼠径ヘルニア(脱腸)の日帰り手術を行っており、3割負担で約10万円の自己負担です。
入院で同じ手術をすると、3割負担で約13〜15万円の自己負担です。
日帰り手術では入院費用がかからないため、その分だけ手術費用が安くなります。
当院では、更にコストも極力抑えることで、自己負担を減らすように配慮しています。

高額療養費制度について

自己負担額は年齢と保険の負担割合で決まり、高額療養費制度によって年収毎の限度額が決まっています。
高額療養費制度の説明(厚生労働省保険局)

腹腔鏡による片側鼠径ヘルニアの日帰り手術の自己負担額

限度額の
適応区分
年収の目安69歳以下での
自己負担額
70歳以上での
自己負担額
ア、イ約770万円以上約10万円約10万円
約370-770万円約8万円約8万円
約370万円以下57,600円18,000円
住民税非課税者35,400円8,000円

例えば、69歳以下で年収が350万円の方は自己負担額が57,600円、年収が700万円の方は自己負担額が約8万円になります。
受付で限度額を確認することで、支払い額を減額できますので、受診時に説明しています。
この手術費用に加えて、初診時に検査料金などが6,000円程度かかります。
当院でのお支払いは、現金、クレジットカード、電子マネーが利用できます。

クレジットカード、電子マネー、埼玉外科クリニック

当院はオンライン資格確認を導入しているので、マイナンバーカードを持っていれば、限度額適用認定証なしで高額療養費制度を利用できます(以前は限度額適用認定証を申請し取得する必要がありました)。

鼠径ヘルニア(脱腸)の日帰り手術で、民間の医療保険は支払われますか?

民間の医療保険に加入している場合、鼠径ヘルニアの日帰り手術を受けると、手術給付金を受け取れます
入院していないので、入院給付金は受け取れません。
ただし、医療保険の契約内容によって給付条件が異なりますので、直接保険会社に確認することをお勧めします。
古い医療保険では日帰り手術を対象としないものもありますので、注意が必要です。
手術名は「K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側)」です(片側の手術でもこれで正しいです)。
支給を請求するには、多くの場合は病院が発行する領収書で大丈夫ですが、保険会社が指定する診断書が必要となることもあります。

松下 公治

松下 公治

この記事は院長松下が執筆しました。鼠径ヘルニア・虫垂炎の【日帰り】腹腔鏡手術を専門に研究。外科専門医、消化器外科専門医・指導医、内視鏡外科技術認定医(ヘルニア)。

関連記事

PAGE TOP