受診
予約
鼠径ヘルニア
虫垂炎
日帰り手術
アクセス
鼠径ヘルニアの疑問に答える院長コラム

鼠径ヘルニアとは?原因は?

鼠径ヘルニア(脱腸)とは?

鼠径ヘルニア(脱腸)とは、太もものつけ根(鼠径部)のお腹の壁に穴があいて、そこから腸がぽっこり出てしまう病気で、俗に脱腸と言います。
立つと太ももの付け根が膨らみ、横になると戻ります。

生涯発症率は男性が27-43%、女性が3-6%で、中高年の男性に多いよくある病気です。
国内では毎年15万人以上、世界では毎年約2,000万人が手術を受けていて、外科の中では最も手術数の多い疾患です。

鼠径ヘルニア(脱腸)の原因は?

多くは加齢に伴って腹壁の組織が弱くなり、そこから腸が脱出してしまうことが原因です。
また、立ち仕事が多かったり、腹圧がかかる重いものを持つ仕事も原因の一つに挙げられます。
肥満や喫煙も一因と報告されています。

関連記事

PAGE TOP