受診
予約
鼠径ヘルニア
虫垂炎
日帰り手術
アクセス
鼠径ヘルニアの疑問に答える院長コラム

女性に多いヌック管水腫とは?日帰り手術で治せる?

ヌック管水腫とは?

ヌック管水腫とは、鼠径部(太ももの付け根)に嚢胞(液体が溜まった袋)ができる病気で、女性だけに発症します。
1691年にNuck(ヌック)が最初に報告したので、ヌック管水腫と呼ばれています。
鼠径ヘルニアの袋の中に水が溜まっていると考えると理解しやすいです。
生理周期に一致して症状が悪化する場合は、子宮内膜症と関連していることがあります。

ヌック管水腫の原因は?

太ももの付け根には腹膜鞘状突起という通り道があり、通常は生後1年以内に閉鎖します。
しかし、腹膜鞘状突起が閉鎖されないまま残り、そこに液体が溜まってしまうのがヌック管水腫の原因です。

ヌック管水腫の症状は?

多くの人は、太ももの付け根に小さいしこりを触れて気づき、痛みを伴うことがあります。
しこりが大きくなったり、小さくなったり変化するのが特徴で、手で押しても鼠径ヘルニアのように無くなりません。

ヌック管水腫の診断は?

ヌック管水腫の診断に有用なのが超音波検査で、黒い嚢胞として確認できます。
鼠径ヘルニアを合併していることが多く、診察やCT検査なども併用して診断します。

ヌック管水腫の治療は?手術が必要?

ヌック管水腫の治療は、手術するか、経過観察するかのどちらかです。
ヌック管水腫は水が溜まっているだけであれば経過観察も可能ですが、症状がある場合や、他の原因が疑われる場合は、診断も兼ねて摘出します。
手術方法は、嚢胞をまるごと摘出し、鼠径ヘルニアがあれば修復も行います。
嚢胞を摘出する方法は様々で、腹腔鏡を使ったり、鼠径部を切開したり、両方を併用することもあります。
摘出した嚢胞は、病理(顕微鏡)検査に提出し、子宮内膜症や悪性(がん)の所見がないかを確認します。
当院ではヌック管水腫・鼠径ヘルニアを、腹腔鏡による日帰り手術で治せます。

関連記事

PAGE TOP