受診
予約
鼠径ヘルニア
虫垂炎
当院について
アクセス
鼠径ヘルニアの院長コラム

女性の鼠径ヘルニアに特有の症状とは?

女性の鼠径ヘルニアは男性の場合と、何が違うのでしょうか?
男性に多いと言われている鼠径ヘルニアですが、実は女性にも結構多い病気です。
ヘルニア外科医の松下が、女性の鼠径ヘルニアについてわかりやすく解説します。

女性が鼠径ヘルニア(脱腸)になることはありますか?

鼠径ヘルニア(脱腸)は男性に多い病気ですが、患者数が多いので、女性にも比較的多い病気です。
国内では毎年12万人以上の方が、手術を受けており、外科の中では最も手術数の多い疾患です。
生涯発症率は女性が3-6%で、男性の27-43%に比べると低いものの、罹患する可能性が高い病気の一つです。

女性の鼠径ヘルニア(脱腸)に特有の症状は?

女性の場合も、鼠径ヘルニアの症状は同じで、立ち上がったりお腹に力を入れると鼠径部(足の付け根)がぽっこり膨らみ、手で押したり横になると戻ります。
ただし、女性の場合は、腫瘤(しこり)や痛みとして自覚することも多く、様々な原因となる病気を考えて検査します。
女性の鼠径ヘルニアの診断は難しいことがあるので、自己判断しないで受診した方がいいです。

女性の鼠径ヘルニアは何科を受診すれば良いですか?

女性の鼠径ヘルニアは外科(消化器外科)に受診すると良いです。
ヘルニア外来を行っている病院があれば、より最適です。

女性の鼠径ヘルニア(脱腸)に関連した病気は?

女性の鼠径ヘルニアの場合、通常の鼠径ヘルニアとは少し違うことがあります。
鼠径ヘルニアに関連した病気として、大腿ヘルニアヌック管水腫と診断されることも多いです。
妊娠時に子宮円索部に静脈瘤ができ、痛みも伴うこともあります。
これらの病気を鑑別し、超音波検査やCT検査を駆使して正確に診断することが重要です。
女性の鼠径ヘルニアは自己診断が難しいので、ヘルニア外来に受診することをお勧めします。

女性の鼠径ヘルニア(脱腸)の治療は?

鼠径部の解剖学的構造は男性と違うので、その違いを考慮して手術を行う必要があります。
また、大腿ヘルニアやヌック管水腫を合併している可能性を、常に念頭に置くことも大切です。

当院では鼠径ヘルニアや大腿ヘルニアの腹腔鏡手術を日帰りで行っています。

当院でヌック管水腫の手術は行っていませんので、ご注意ください。

松下 公治

松下 公治

この記事は院長松下が執筆しました。鼠径ヘルニア・虫垂炎の【日帰り】腹腔鏡手術を専門に研究。外科専門医、消化器外科専門医・指導医、内視鏡外科技術認定医(ヘルニア)。

関連記事

PAGE TOP