腹腔鏡による鼠径ヘルニアの日帰り手術

ネット
予約
初診の方へ
アクセス
鼠径ヘルニア
虫垂炎
鼠径ヘルニアの院長コラム

鼠径ヘルニア(脱腸)手術後の注意点は?力仕事や仕事復帰は?

患者さん

鼠径ヘルニア(脱腸)手術後の注意点はありますか?力仕事や仕事復帰はどうですか?


院長松下

多くの方は初めての経験ですので、手術後の経過に不安を感じると思います。鼠径ヘルニアの手術後について詳しく解説します。

鼠径ヘルニア(脱腸)手術後の注意点は?

手術当日の帰宅後は自宅で安静に過ごしてください

ただし、無理のない範囲内で日常生活を行うことや、食事に大きな制限はなく、シャワーも可能です。
麻酔の影響が残っていますので、車や自転車などの乗り物の運転は手術後24時間できません。

術後出血予防のため、飲酒は24時間控えてください。
痛み止めを処方しますので、内服してください。

溶ける糸で傷を縫っているので、抜糸は不要です。

当院の場合、手術の翌日と約1週間後に電話で病状を確認し、経過をフォローします。

鼠径ヘルニア(脱腸)手術後の安静期間はどれくらい?

手術翌日から日常生活の制限はありません

ただし、手術後間もないので、体調が戻るまでに数日かかります。
術後の回復スピードは、個人差が大きいです。
実際に日常生活に戻るまで、約2〜3日程度かかることが多いです。

鼠径ヘルニア(脱腸)手術後の仕事復帰はいつから?

鼠径ヘルニアの日帰り手術後は、仕事の内容によりますが、翌日から職場復帰が可能です。

しかし、体力や回復、痛みの程度は人それぞれで違います。
実際、平均すると3〜4日後から仕事復帰している人が多いです。
手術後なのであまり無理はしないで、数日余裕を持って休むことをお勧めしています。

鼠径ヘルニア(脱腸)手術後の力仕事は?

腹圧がかかる力仕事や、激しい運動は1週間程度控えることを勧めています。

強い力がメッシュにかかると、メッシュがずれたりして、再発することがあります。
特にジャンプをすると腹圧がかかるので、やめておいた方がいいです。

鼠径ヘルニア(脱腸)手術後の日常生活は?

手術後の日常生活や食事は制限していません。

体調に応じて、無理ない範囲で動いて結構です。
食事はできれば消化の良いものにしておいた方がいいです。

鼠径ヘルニア(脱腸)手術後は痛みますか?

鼠径ヘルニアの日帰り手術を腹腔鏡で行った場合、穴は5mmと小さいので、痛みは少なく、手術直後に歩けます。
リカバリー室から自分の個室に戻る時は、歩いて移動しています。
鼠径部切開法の場合、傷が4〜5cmと大きくなるので、痛みはやや強くなりますが、歩くことはできます。

しかし、痛みには個人差がありますので、大したことない人もいれば、結構痛くなってしまう人もいます。
日帰り手術にとって痛みが軽いことは非常に重要なので、最大限痛みを軽減するための工夫を行っています。

鼠径ヘルニア(脱腸)手術後の肩の痛みの原因は?

腹腔鏡手術後に肩の痛みを感じることがあります。
手術中に二酸化炭素をお腹の中に入れて膨らませます。
お腹を膨らませることで横隔膜が刺激され、肩の痛みを感じることがあります。
時間経過とともに自然に治ります。

鼠径ヘルニア(脱腸)手術後に再発することはありますか?

鼠径ヘルニア手術後に、ヘルニアが再発するリスクは1〜5%程度です。

メッシュの脇から腸管が脱出したり、メッシュがずれてしまうことで腸管が出てくることがあります。
そのため、当院では大きめのメッシュを広く敷くことや、プログリップメッシュというずれにくいメッシュを使用しています。
体重を増やさないことも、再発予防に重要です。

鼠径ヘルニア(脱腸)手術後にメッシュがずれることを防ぐ方法は?

鼠径ヘルニアの手術後にメッシュがずれることを防ぐために、プログリップメッシュを使用しています。
更に、15cm×10cmの大きいメッシュを使っているので、多少ずれても大丈夫です。

また、腹圧がかかる力仕事や、激しい運動は1週間程度控えることで、メッシュがずれて再発しないように対策しています。

鼠径ヘルニア(脱腸)の治療は当院に相談を!

大宮駅から徒歩3分にある埼玉外科クリニックでは、腹腔鏡による鼠径ヘルニアの日帰り手術を行っています。
当院は最難関の内視鏡外科技術認定医(ヘルニア)の資格を持ったヘルニア外科医による腹腔鏡手術が受けられる、日本でも数少ない外科クリニックです。
ヘルニア外科医の院長松下が、責任持って手術を行います。
鼠径ヘルニア(脱腸)でお悩みの方は、まずは当院のヘルニア外来に受診してご相談ください。
 
ネット予約、埼玉外科クリニック

院長 松下公治

院長 松下公治

この記事は埼玉外科クリニック院長松下が執筆。腹腔鏡による鼠径ヘルニアの日帰り手術を専門に研究。外科専門医、消化器外科専門医・指導医、内視鏡外科技術認定医(ヘルニア)。

関連記事

PAGE TOP