腹腔鏡による鼠径ヘルニアの日帰り手術

ネット
予約
初診の方へ
アクセス
鼠径ヘルニア
虫垂炎
鼠径ヘルニアの院長コラム

TAPP法による鼠径ヘルニア(脱腸)の日帰り手術の医学論文【本邦初】

TAPP法による鼠径ヘルニア(脱腸)の日帰り手術の論文【本邦初】

TAPP法による鼠径ヘルニアの日帰り手術をまとめた本邦初の論文として、1,408例の治療成績を報告したものが、日本臨床外科学会雑誌に掲載されました。
2015年から2019年の当初のデータですので、少し内容が古くなってきましたが、今でも数少ない日帰り手術の論文の一つです。

我々の報告では、平均手術時間74.6分で、平均術後在院時間は66.4分、日帰り手術を完遂できたのは99.8%でした。
TAPP法による日帰り手術のノウハウや、術式による日帰り鼠径ヘルニア手術の比較についてもまとめました。

・松下公治,大橋直樹他:腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術(TAPP法)による日帰り手術の短期成績、日本臨床外科学会雑誌 2020;81:1703-1709 ⇒ 論文PDF(全文)

この論文は、日本臨床外科学会の2020年優秀論文賞を受賞しました。

鼠径ヘルニア(脱腸)の治療は当院に相談を!

大宮駅から徒歩3分にある埼玉外科クリニックでは、腹腔鏡による鼠径ヘルニアの日帰り手術を行っています。
当院は最難関の内視鏡外科技術認定医(ヘルニア)の資格を持ったヘルニア外科医による腹腔鏡手術が受けられる、日本でも数少ない外科クリニックです。
ヘルニア外科医の院長松下が、責任持って手術を行います。
鼠径ヘルニア(脱腸)でお悩みの方は、まずは当院のヘルニア外来に受診してご相談ください。
 
ネット予約、埼玉外科クリニック

院長 松下公治

院長 松下公治

この記事は埼玉外科クリニック院長松下が執筆。腹腔鏡による鼠径ヘルニアの日帰り手術を専門に研究。外科専門医、消化器外科専門医・指導医、内視鏡外科技術認定医(ヘルニア)。

関連記事

PAGE TOP