腹腔鏡による鼠径ヘルニアの日帰り手術

ネット
予約
初診の方へ
アクセス
鼠径ヘルニア
虫垂炎

急性虫垂炎(盲腸)とは?

急性虫垂炎(盲腸)とは、虫垂の内腔が閉塞することで血流やリンパ流が障害され、細菌が増殖し虫垂が腫れる病気で、俗に盲腸と言います。

生涯発生率は6-8%で、10-30歳に多く、腹痛の中で手術になりうる、最も頻度の高い腹部救急疾患です。
放置すると虫垂が腐って、穴があき(穿孔し)、便がお腹の中(腹腔内)に漏れたり、膿瘍を形成します。
お腹全体に炎症が広がれば急性汎発性腹膜炎となり、敗血症性ショック、多臓器不全となり、命に関わります。
死亡率は先進国で約0.2%、発展途上国で約1-4%です(医療が発達していなかった昔は多くの人が死んでいた病気です)。

急性虫垂炎(盲腸)の原因

誰でも発症する可能性があり、糞石(便の固まり)、リンパ組織の過形成、腫瘍などによって、内腔が閉塞して引き起こされると言われています。

Tips虫垂は大腸の一部で、右下腹部に位置する約5cmの腸管です。臍の右下の場所にあります。

虫垂炎(盲腸)は何科に受診しますか?

虫垂炎の典型的な症状であれば、外科(消化器外科)を受診すれば良いのですが、腹痛の原因は多種多様で自己診断は難しいです。

虫垂炎(盲腸)の再発のリスク

虫垂炎を薬で散らすと、虫垂が残っているため、再発のリスク(治療後5年以内に約40%)、腫瘍のリスク(約1%)があります。

次回再発した時に手術するのも選択肢ですが、いつ再発するかは予測できないのが問題です。
若い人に多い病気ですので、試験などの大切なイベント、大切な仕事、海外渡航中などのタイミングで発症するリスクが問題となります。

腫瘍については、40歳以上ではリスクが高くなるので、大腸内視鏡検査とCT検査を行います。
腫瘍の頻度は約1%と低いので、それほど心配する必要はありませんが、もし腫瘍であった場合は命に関わる可能性もあるので、注意が必要です。

腹腔鏡による虫垂炎(盲腸)の治療方法

当院では全身麻酔下に腹腔鏡手術を行っています。
実際の手術動画はこちら(YouTube)

まずお腹に3カ所3~5mmの小さな穴を開けます。
そこから5mmのカメラをお腹の中に入れて、お腹の中の様子をモニターに映し出しながら手術します。
虫垂を確認し、虫垂の根部(根元)を切って虫垂を切除します。
手術時間は30分程度です。

虫垂炎(盲腸)の手術費用

当院では、保険診療で虫垂炎の日帰り手術を行っています。
手術費用は3割負担で約8〜9万円ですが、高額療養費制度を使うことで自己負担を減らすことができます。

虫垂炎(盲腸)の日帰り手術

虫垂炎と診断され、薬で散らした方は、今後の再発予防のために、日帰り手術を受けることができます。

一旦炎症が治まってしまえば、虫垂の腫れは軽くなり、小さい傷で体の負担を少なく、短時間で手術することができます。
腹腔鏡手術は傷が小さく、痛みが少なく、社会復帰が早いため、日帰り手術との組み合わせは理想的です。
身体的にも社会的にも負担の少ない低侵襲手術を、日帰りで受けることができます。

虫垂炎の手術を日本で受ける場合、3-7日入院するのが一般的で、入院期間は平均5.5日です。
しかし、患者さんのニーズや医療の効率化から、日帰り手術の有用性が注目されつつあります。

痛みがある急性期は、当院で治療や手術はできませんので、近くの救急病院に受診してください

当院の日帰り手術の様子をマンガで公開!
マンガ、日帰り手術、虫垂炎、埼玉、さいたま、大宮

これまでの日帰り手術の研究成果は、本邦初となる「虫垂炎の日帰り手術」の医学論文として執筆し発表しました。

虫垂炎(盲腸)手術後に仕事を休む期間は?

急性虫垂炎の手術後は痛みがあり、お腹の調子が戻るまで数日かかりますので、退院してから数日休んで職場復帰することをお勧めします。

当院の虫垂炎(盲腸)手術のこだわり

内視鏡外科技術認定医である院長が執刀します。
虫垂炎では通常へそに12mmの穴を開けて手術しますが、それを5mmにすることで痛みを軽減しています。
より質の高い手術を目指して、身体的にも社会的にも負担が少ない低侵襲手術を追究し、日々改良を重ねています。

当院の虫垂炎手術の特徴

  • 豊富な経験を元に、的確に診断します。
  • 腹腔鏡の3か所の穴を3〜5mmと最小限にし、術後の痛みを軽減しています。
  • 3mmの細径鉗子を使用したNeedlescopic surgeryを行い、傷を小さくしています。
  • 傷口が目立ちにくいように、できる限り配慮しています。
  • 局所麻酔薬を使って神経ブロックを行い、術後の痛みを軽減しています。
  • 麻酔による侵襲を軽減するため、使用する薬剤を工夫し、不要な管(尿道の管など)は留置していません。
  • 日帰り手術を行うことで、社会的負担を軽減し、医療の効率化を図っています。
  • 身体への負担を減らすことで、早期社会復帰を目指しています。
  • 日帰り手術が適さない場合は、患者さんの利益を最優先し、入院できる病院に紹介します

虫垂炎(盲腸)のガイドライン

日本のガイドラインはありません。
国際的なガイドラインは、「Diagnosis and treatment of acute appendicitis: 2020 update of the WSES Jerusalem guidelines」(フリー、英語)があります。

虫垂炎(盲腸)のよくある質問

お腹が痛いので虫垂炎かどうか心配ですが、受診することはできますか?

当院では虫垂炎急性期の診断や治療は行っていませんので、救急病院に受診してご相談ください。虫垂炎を薬で散らして治癒した後の再発予防の手術について、当院では相談を受け付けています。

虫垂炎の日帰り手術はどんな場合に受けられますか?

虫垂炎を薬で散らした方は、再発予防のため、日帰り手術が受けられます。病状によっては、手術しない方がいいことや、入院が望ましい場合もありますので、受診してご相談ください。

虫垂炎になったことはありませんが、手術を受けられますか?

虫垂炎になったことがない方に、予防的な手術は推奨されていませんので、手術は行っていません。保険適応もありません。

虫垂炎の手術後に、どのような合併症(併存症)がありますか?

主な合併症(併存症)は、創部感染、遺残膿瘍、糞瘻、腸閉塞、イレウス、腹壁瘢痕ヘルニア、虫垂炎の再発などです。

その他のよくある質問

 

電車でお越しの方
JR大宮駅西口より徒歩3分

車でお越しの方
近くのコインパーキング(有料)をご利用ください
クリニック契約の駐車場はありません

埼玉外科クリニック
〒330-0854
埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-268エイコービル3階
048-650-2555

受付:9:00〜17:30【完全予約制】
定休日:日曜・祝日

受付開始
午前
9:00〜
手術
手術
手術
手術
手術
手術
午後
13:45〜
外来
外来
外来
外来
外来
外来
PAGE TOP