腹腔鏡による鼠径ヘルニアの日帰り手術クリニック

ネット
予約
鼠径ヘルニア
日帰り手術
初診の方へ
アクセス
虫垂炎の院長コラム

虫垂炎(盲腸)の前兆はどんな痛み?初期症状は?

患者さん

虫垂炎(盲腸)の前兆はどんな痛みでしょうか?


院長松下

虫垂炎に特徴的な初期症状には、順番があります。虫垂炎の初期症状について詳しく解説します。

虫垂炎(盲腸)の前兆はどんな痛み?

虫垂炎(盲腸)は右下腹部が痛くなると思っている人が多いですが、前兆としてみぞおち(心窩部)から臍(へそ)周囲の鈍い痛みを感じることがよくあります。

痛みを感じて2,3時間後に、吐き気や嘔吐があります。
虫垂炎では、前兆の順番が逆に現れることはほとんどありません。
虫垂炎の前兆は胃腸炎の症状ととても似ているため、この時点で区別するのはとても難しいです。

虫垂炎(盲腸)の初期症状とは?

虫垂炎(盲腸)の典型的な初期症状は、みぞおち(心窩部)から臍(へそ)周囲の痛み ⇒ 悪心(吐き気)・嘔吐 ⇒ 右下腹部に痛みが移動 ⇒ 37度の微熱の順番に出現します。

症状が出現する順番が診断に重要で、この順番通りの場合は虫垂炎の可能性が高くなります。
歩いた時にお腹に痛みが響く時は、悪化して腹膜炎を起こしている可能性が高いので、すぐに救急病院に受診してください。
発症からの期間が2日以上経過、38℃以上の発熱、お腹全体が痛む時は、虫垂が穿孔していたり、膿瘍形成していることが疑われます。​

虫垂炎(盲腸)を放置する危険性とは?

虫垂炎は急激に悪化する可能性があります。
疑いがある時は、すぐに救急病院に受診することをお勧めします。

虫垂炎(盲腸)の待機的日帰り手術は当院に相談を!

大宮駅から徒歩3分にある埼玉外科クリニックでは、腹腔鏡による虫垂炎の待機的日帰り手術を行っています。
当院は最難関の内視鏡外科技術認定医の資格を持った外科医による腹腔鏡手術が受けられる、日本でも数少ない外科クリニックです。
院長松下が、責任持って手術を行います。
虫垂炎の待機的日帰り手術をご検討中の方は、前回治療した病院の紹介状を必ず持参の上、当院外来でご相談ください。
受診予約、埼玉外科クリニック

院長 松下公治

院長 松下公治

この記事は埼玉外科クリニック院長松下が執筆。腹腔鏡による鼠径ヘルニアの日帰り手術を専門に研究。外科専門医、消化器外科専門医・指導医、内視鏡外科技術認定医(ヘルニア)。

関連記事

PAGE TOP