腹腔鏡による鼠径ヘルニアの日帰り手術クリニック

受診予約
アクセス
鼠径ヘルニア
虫垂炎
院長ブログ

腹腔鏡手術・ロボット手術・開腹手術の違いとは?

腹腔鏡手術とは?

腹腔鏡手術とは、腹腔鏡(カメラ)が映した映像をモニターで見ながら行う手術のことです。

お腹に数カ所2-12mmの小さな穴を開け、炭酸ガスでお腹を膨らませて手術を行います。
傷口が小さく、痛みが少ないため、術後の回復が早く、体の負担が少ない手術です。
腹腔鏡で病変部を映し、拡大された映像を見ながら手術するので、肉眼では不可能だった精密な手術操作ができ、出血が少ないです。

欠点は技術の習得に時間がかかり、拡大されているので全体が見えづらく、直接臓器を触れることができない点です。
癒着が強い時、出血が制御できない時、癌が周囲に広がっている時は、途中で開腹手術に移行することがあります。

また、術前の検査結果で開腹手術の方が適切と判断された場合は、最初から開腹手術を行います。

腹腔鏡手術は「内視鏡外科手術」とも言いますが、胃カメラや大腸カメラなどを用いて行う「内視鏡治療」とは別の治療です。​

更に低侵襲を目指した手術とは?

開腹手術に比べ腹腔鏡手術は傷が小さく、臓器が直接空気に触れないため、体の負担が少なく低侵襲な手術です。

低侵襲を目指した手術として、傷の数を減らすReduced port surgeryや、傷の大きさを小さくするNeedlescopic surgeryといった方法もあります。

更には単孔式内視鏡手術(Single port surgery)といって、臍の孔1ヶ所だけで行うことも可能です。
傷痕が臍で隠れてしまうので、手術をしたかどうかほとんどわからなくなってしまいます。
単孔式内視鏡手術は整容性の点では良いものの、臍から何本も鉗子を入れるため傷が大きくなってしまい、臍の形が変わってしまったり、術後の痛みが強くなる傾向があります。
例えば、5mmの穴2ヶ所よりも10mmの穴1ヶ所の方が痛みが強くなります。

安全な手術が第一ですので、病状に応じて安全性を確保した上で、これらを組み合わせて、より体の負担が少ない手術を目指しています。

ロボット手術とは?

ロボット手術とは、ロボットアームに手術器械を固定し、術者はコンソールを操作して行う手術のことです。

ロボットが手術するのではなく、手術するのは外科医です。
お腹に数ヶ所8-12mmの穴を開け、炭酸ガスでお腹を膨らませて手術を行います。
お腹の中に入る手術器械に関節があるので、より自由度の高い動きが可能ですが、触った感覚(触覚)が無いため注意が必要です。

最近適応となる手術が増え、急速に発展しつつあります。

腹腔鏡手術・ロボット手術・開腹手術の比較

腹腔鏡手術ロボット手術開腹手術
傷口2〜12mmの穴が
数カ所
8〜12mmの穴が
数カ所
大きな傷
痛み軽い軽い痛い
手術時間やや長い長い短い
体への負担小さい小さい大きい
術後の癒着少ない少ないやや多い
入院期間短い短い長い
退院後の復帰早い早い遅い

腹腔鏡手術・ロボット手術・開腹手術の特徴を、比較してまとめました。

腹腔鏡手術やロボット手術は低侵襲であることが大きな利点であり、一方、開腹手術は直接臓器を触れて手術できることが大きな利点です。
手術直後は開腹手術に比べると、腹腔鏡手術やロボット手術の方が体の負担が少ない分、回復が早く、早期に社会復帰ができる点で優位性があります。
ただし、長期成績では差がないことが多いです。
病状や手術の内容によって、最適な手術は異なりますので、主治医とよく相談することが大切です。

院長 松下公治

院長 松下公治

この記事は埼玉外科クリニック院長松下が執筆。腹腔鏡による鼠径ヘルニアの日帰り手術を専門に研究。外科専門医、消化器外科専門医・指導医、内視鏡外科技術認定医(ヘルニア)。

関連記事

PAGE TOP