腹腔鏡による鼠径ヘルニアの日帰り手術

ネット
予約
初診の方へ
アクセス
鼠径ヘルニア
虫垂炎
院長ブログ

WixからWordPress(ワードプレス)に移行した理由とは?手順は?

患者さん

なぜWixからWordPress(ワードプレス)に移行したのですか?


院長松下

WixからWordPressに移行しました。これからサイトを作る方や移行を考えている方に参考となるポイントやコツについて詳しく解説します。

WixとWordPressを比較して

まず、サイト開設時に、Wix(ウィックス)WordPress(ワードプレス)のどちらを選ぶか迷いました。

正直、どのように違うか、よくわかりませんでした。
Wixは無料で試すことができて、web素人にも扱いやすそうだったため、まずはWixでサイトを作ってみました。

Wixでサイトを作ってみると、比較的簡単なのに、本格的なサイトが作れてしまうことに驚きました。
複雑なサイトでなければ、これで十分な気がしました。

Wixの特徴

Wixの特徴は、何と言っても簡単に難しいことができてしまうことです。

WordPressであれば、プログラミング知識がないとできないようなことが、素人にも実現できてしまう(ノンコーディングと言います)のがすごいです。
個人や小規模の企業にとっては、十分な機能が備わっていると感じました。
独自ドメインを取得できることも、無料ブログサービスにはない利点です。

とりあえずサイトを開設したい万人にお勧めできるツールです。

» Wixの公式ページ

Wixの利点

  • 手軽に無料で始められる。
  • 素人でも操作しやすいように工夫されていて、比較的簡単に操作できる。
  • プログラミング言語を知らなくても、直感的な操作で凝ったこともできる。
  • Wixの中だけでサービスが完結するので、Wixだけと契約すればよく、素材も無料で使える。
  • お金を払えば、広告を消したり、独自ドメインを取得できる。

Wixの欠点

  • 使っているうちに自由度の限界を感じてくる。
  • ページ数が増えてくると管理しづらく、次第に動作が重くなってくる。
  • SEO対策はある程度可能だが、見出しタグなどを管理しづらい。
  • ブログ機能に自由度がなく、管理もしづらい。

独自ドメインを取得するべきか?

私の答えは、Yesです。独自ドメインを取得するということは、自分の店舗(ページ)で商売するようなものです。サイトを開設するのであれば、自分の店舗で情報発信する方が良いと思います。ドメインの評価が上がると、検索で上位にランクされるようになります。
それに対して、独自ドメインを取得しないということは、他人の店舗(ページ)の一部を借りて、そこで商売するようなものです。

WordPressの特徴

WordPressの特徴は、何と言っても自由なことです。

勉強すれば、恐らく何でも実現できますが、素人には難しいです。
素人の私にとっては、お金を払ってでも高機能なテーマを選び、記事執筆に集中した方がいいです。
記事を書き、コンテンツを増やしていくことはそれほど難しくなく、むしろWordPressの方が管理しやすいです。
サーバーを扱い、htmlを使いこなせる人で、コンテンツを増やしたい場合に適していると思います。

» WordPressの公式ページ

WordPressの利点

  • シェアは6割を占め、多くのサイトで使われている。
  • 自由度が高く、動作が軽い。
  • 関連情報が豊富なので、わからなくても調べればなんとかなる。
  • プラグインが豊富で、様々な機能を追加できる。
  • ページ数が増えても管理しやすく、記事を更新しやすい。
  • SEO対策がしっかりできる。

Q-Successによると、2024年3月のシェアは、1位:WordPress 62.8%、2位:Shopify 6.3%、3位:Wix 3.8%です。

WordPressの欠点

  • サーバーを扱う必要がある。htmlを全く知らないと厳しい。
  • ソフトは無料だが、使うにはレンタルサーバー使用料とドメイン使用料がかかる。
  • 何でもできるが、何かするには勉強が必要。
  • CSSをいじってデザインを変更するのは、素人には難しい。
  • もし外部に委託すると、非常に高額になる。

なぜWixからWordPressに移行したのか?

一言で言うと、Wixでブログの管理がしづらくなってきたからです。

移行前には39ページあり、記事が増えるにつれて、動作が重くなり、閲覧しづらいと感じるようになりました。
Wixは見た目のデザインを改善することは優れていますが、サイトの軽量化は難しかったです。
ページ数が少ない時は、Wixはきれいで動きのあるサイトを手軽に作れて、非常に満足していました。
大多数の人のニーズに答えられるだけの機能があるので、Wixは素晴らしいし、誰にでも勧められるツールだと思います。

最初にWixから始めて正解でした。
もしWordPressから始めていたら、サイト開設に挫折していた可能性も高かったと思います。
少しはサイト運営のことがわかってきて、WordPressの解説を読んでも理解できるようになってきたため、思い切ってWixからWordPressに移行することにしました。
もし失敗しても、Wixをそのまま残しておいて戻ればいいと思いました。

Wix(独自ドメイン)からWordPressに移行する時のポイント

  • WixとWordPressに互換性はないので、文字情報をコピーして移行するしかありません。結構、時間がかかります。
  • Wixから他社のドメイン管理会社に、ドメインを移管することが可能です。
  • テスト環境から本番サーバーへの移行には、エックスサーバーのWordPress簡単移行が神でした。

サイトを開設する方法

まずやることは、WordPressでテスト環境を作ることです。

当初はドメインを変更しようと思っていた(ドメインを移管できることを知らなかった)ので、以下の方法で新しくサイトを作りました。

1.独自ドメインの取得

ドメインとは、インターネット上の住所のことです。
当サイトなら、ドメイン名は「saitamageka.com」で、URLは「https://saitamageka.com」です。

独自ドメインは最初にお名前.comで取得しましたが、ダイレクトメールがとても多くて嫌になり、エックスサーバーに移行しました。
更新料も1年契約で1,408円だったのが、1,298円に安くなったので良かったです。
レンタルサーバーと同じアカウントで利用でき、Whois情報公開代行が無料で自動設定されるのもいいです。

もし、サーバーのレンタルもエックスサーバーにするなら、独自ドメインの取得は飛ばして大丈夫です。
サーバーをレンタルする時に、同時に取得できます。

» エックスサーバー ドメイン

2.サーバーのレンタル

サーバーのレンタルはエックスサーバーのスタンダード(旧X10)にしました。

エックスサーバーはWordPressを簡単にインストールできて、高速で安定していて、マルチドメイン(ドメインを1つのサーバーに複数設定できます)に対応していて、無料で独自SSLを利用できる点が良かったです。
使っていて特に欠点もなく、とても満足しています。
初期費用3,300円に加え、1年契約で13,200円ですので、他と比べるとやや高めです。

» エックスサーバー レンタルサーバー

3.ドメインとサーバーの関連付け

ドメイン設定と、ネームサーバーの設定をマニュアル通りに設定します。

4.サーバーへのWordPressのインストール

エックスサーバーには、WordPress 簡単インストールという機能があるので、それを利用します。
自分でWordPressをダウンロードする必要はありません。

5.WordPressのテーマをインストール

初めてなら最初から高機能なテーマを購入し、テーマの機能を使って設定してしまうのが断然楽です。

高機能なテーマならプラグイン無しで設定できることが多いので、プラグイン数が減って不具合も減ります。
私は高機能なテーマが使いこなせるかが心配で、安くて軽いテーマを導入したところ、逆にとても苦労しました。
テーマ毎に得意な分野は違うので、デモサイトでよく検討し、サイトの目的にあったテーマを選ぶことがコツです。

6.WordPressの初期設定

ダッシュボードを開き、初期設定をします。

7.プラグインをインストール

私は厳選した10個のプラグインをインストールしています。

プラグインが多いと、サーバー負荷、不具合、脆弱性などの問題が生じるので、できる限り少なくしています。
テーマで提供されている機能は、できる限りそちらを使うようにしています。

  1. AddQuicktag:よく使うタグを登録できます
  2. All-in-One WP Migration:簡単にサイトのバックアップ&復元や移行ができます
  3. Broken Link Checker:リンク切れをチェックします
  4. Classic Editor:旧エディターが使えるようになります
  5. Converter for Media:画像フォーマットをWebPに変換します
  6. Edit Author Slug:ユーザー名の漏洩を防ぎます
  7. Invisible reCaptcha:スパム対策に効果的です
  8. SiteGuard WP Plugin:セキュリティー対策です
  9. Table of Contents Plus:自動的に目次を作成できます
  10. Sitemap Generator:サイトマップを作成し、検索エンジンに通知します
  11. リビジョンコントロール:溜まってしまう更新履歴を自動で消去します

Wixからドメインを移管する方法

コンテンツを移行しサイトが完成したら、テスト環境をそのまま本番サーバーとして稼働させようとしました。

しかし、よく調べてみると、Wixから他社のドメイン管理会社に、ドメインを移管できることがわかりました。
手順は以下のサイトで詳しく解説されています。
実際、移管申請をしてから、手続きが終わるまで6日間かかりました。

» WIXからエックスサーバーへのドメイン移管(tarouken.com)

テスト環境から本番サーバーへの移行方法

1. WordPress簡単移行を使う

後者の方法よりも簡単なので、エックスサーバーなら、こちらの方法がお勧めです。

» WordPress簡単移行(エックスサーバー)

2. 手動で移行する

本番サーバーに新たにWordPressをインストールして、そこにテスト環境のシステムファイルとデータベースを復元します。

ポイントは、テスト環境のドメイン名を書き換えるだけではダメということです。
復元は、All-in-One WP Migrationというプラグインを使うことで、簡単にできます。
エクスポートの時に、テスト環境のURLを本番サーバーのURLに自動で置換してくれます。
手順や詳細は以下のサイトで詳しく解説されています。

» ドメイン変更ありのサーバー移転もお任せ!WordPressのバックアップ用プラグイン【All-in-One WP Migration】(ウェブさえ)

» WordPressのバックアップ・復元の両方が簡単にできるプラグイン「All-in-One WP Migration」(TCD)

院長 松下公治

院長 松下公治

この記事は埼玉外科クリニック院長松下が執筆。腹腔鏡による鼠径ヘルニアの日帰り手術を専門に研究。外科専門医、消化器外科専門医・指導医、内視鏡外科技術認定医(ヘルニア)。

関連記事

PAGE TOP