受診
予約
鼠径ヘルニア
虫垂炎
日帰り手術
アクセス
鼠径ヘルニアの疑問に答える院長コラム

鼠径ヘルニアの鼠径部切開法(メッシュ法)とは?

鼠径ヘルニア(脱腸)の鼠径部切開法(メッシュ法)とは?

鼠径ヘルニア(脱腸)の鼠径部切開法(メッシュ法)とは、お腹を約3-5cm切って、ヘルニアの穴をメッシュで塞ぐ手術方法で、現在広く行われています。

国際的なガイドラインでは、リヒテンシュタイン法を推奨し、以下の他の方法は推奨していません。
日本のガイドラインでは手術方法で成績に大きな差はなく、術者が習熟した手術方法を推奨しています。

鼠径ヘルニアの鼠径部切開法(メッシュ法)の特徴

  • 利点:組織縫合法と比べると痛みが軽く再発が少ない、手術時間が短い、外科医の習熟が早い
  • 欠点:傷が大きい、痛みがやや強い、回復に少し時間がかかる

鼠径ヘルニア(脱腸)の鼠径部切開法(メッシュ法)の種類は?

​ヘルニア門(穴)への到達方法やメッシュの敷き方によって、様々な手術方法があります。

  • Lichtenstein法(リヒテンシュタイン法): 穴の表面にメッシュを敷きます
  • Plug法(プラグ法): プラグメッシュで穴を塞ぎ、穴の表面にもメッシュを敷き、計2枚のメッシュを使います
  • PHS法、UHS法: 穴の表面と裏面に二重にしてメッシュを敷きます
  • TIPP法: 内側は穴の裏面に、外側は穴の表面にメッシュを敷きます
  • Direct Kugel法(ダイレクトクーゲル法): 鼠径管を開いて、穴の裏面にメッシュを敷きます
  • Kugel法(クーゲル法): 鼠径管を開かずに、穴の裏面にメッシュを敷きます

関連記事

PAGE TOP