受診
予約
鼠径ヘルニア
虫垂炎
当院について
アクセス
当院に関する院長コラム

クリニック内装に対するこだわり

クリニック内装に対するこだわり

クリニック内装は非常に重要で、クリニックのイメージだけでなく、クリニックの機能にも直結します。
そのため、何度も徹底的に検討しました。

全体の雰囲気はカフェのように、居心地が良い温かみのある感じをイメージしました。
木目、濃いグレー、白を基本色としました。

そして必要な部屋とその広さを決め、動線を意識して配置しました。
患者さんが使うスペースとバックヤードを分け、診療の流れを想定して設計しました。
リカバリー室(手術直後に休む部屋)を手術室の隣りに配置し、個室を3部屋作ることで、プライベート空間を確保しました。
患者さん同士がお互いにほとんど顔を合わせることなく、個別にケアを受けられるように工夫しました。

プロの設計士と、実際に使う人が協同して設計することが大切だと感じました。
限られたスペースに機能的で居心地の良い空間を創出できました。
私が思い描いた空間を設計施工してくださった株式会社七彩の皆様に感謝です。

松下 公治

松下 公治

この記事は院長松下が執筆しました。鼠径ヘルニア・虫垂炎の【日帰り】腹腔鏡手術を専門に研究。外科専門医、消化器外科専門医・指導医、内視鏡外科技術認定医(ヘルニア)。

関連記事

PAGE TOP