受診
予約
鼠径ヘルニア
虫垂炎
日帰り手術
アクセス
鼠径ヘルニアの疑問に答える院長コラム

鼠径ヘルニアを放っておくとどうなりますか?

鼠径ヘルニア(脱腸)を放っておくとどうなりますか?

もし鼠径ヘルニア(脱腸)を手術しないで放置しても、すぐには困らないので、そのまま放っておかれることがあります。
相談した医師によっては、様子を見ましょうと言われてしまうことがあります。

鼠径ヘルニアを放っておくと、徐々に膨らみが大きくなり、陰嚢まで腫れてしまうことがあります。
また、痛みや違和感などの症状が強くなることもあります。

経過観察する場合、症状が悪化してくるため、毎年10%程度の割合で手術になったという報告もあります。
術前に痛みが強いと、術後にも痛みが残りやすく、悪化することで手術が難渋してしまうと、合併症のリスクが増加します。

鼠径ヘルニアの治療は緊急性がないものの、自然に治ることはなく、徐々に悪化するので、悪化しないうちに手術することをお勧めします。

関連記事

PAGE TOP