受診予約
鼠径ヘルニア
虫垂炎
当院について
アクセス
院長ブログ

かぜに抗菌薬が効かないって本当ですか?

かぜに抗菌薬が効かないって本当ですか?

抗菌薬は細菌をやっつける薬で、細菌以外には全く効果がありません。
抗菌薬の種類によって効果がある細菌は異なりますので、ターゲットとなる細菌を想定して処方します。

一方、ウイルスに対しては、抗ウイルス薬が効果的で、抗菌薬は全く効きません。
抗ウイルス薬もその種類によって効果があるウイルスは異なります。

  • 細菌:細胞を持った小さな生物で、自ら細胞分裂して増殖します。光学顕微鏡で見える大きさです。例えば、ブドウ球菌、レンサ球菌、大腸菌など。
  • ウイルス:細胞を持たず、タンパク質の殻に遺伝子が入っている構造で、自ら増殖できません。細菌より小さく、光学顕微鏡では見えません。例えば、インフルエンザウイルス、コロナウイルスなど。

では、かぜの治療についてですが、まずはその原因となる微生物を特定することが最も重要です。
なぜなら、原因となる微生物がわかれば、効く薬がわかるからです。
かぜの原因微生物はほとんどがウイルスで、主にライノウイルス、コロナウイルス、RSウイルスなどが原因です。
残念ながら、これらのウイルスによく効く抗ウイルス薬がないため、安静、水分補給、解熱剤などの対症療法を行い、数日で治るのが一般的な経過です。

一方、細菌感染が原因でかぜ症状を引き起こす病気として、咽頭炎、肺炎などがあり、抗菌薬が効きます。
このように、かぜの診療では、ウイルス性の上気道炎なのか、そうでないのかを見極めることが重要です。

以下は医師向けのかぜ診療マニュアルですが、非常によくまとまっています。

抗微生物薬適正使用の手引き 第2版 ダイジェスト版(厚生労働省)

当院でかぜの診療は行っていませんので、ご注意ください。

松下 公治

松下 公治

この記事は院長松下が執筆しました。鼠径ヘルニア・虫垂炎の【日帰り】腹腔鏡手術を専門に研究。外科専門医、消化器外科専門医・指導医、内視鏡外科技術認定医(ヘルニア)。

関連記事

PAGE TOP